福寿園 
「宇治茶工房」リニューアル 「玉露亭」「体験茶亭二十帖」 9月26日オープン
 〈体験・茶道・喫茶・茶店・資料館の複合施設〉京都・宇治茶の新スポットが誕生!


㈱福寿園は、宇治市にある宇治茶体験施設「福寿園宇治茶工房」をリニューアルし、新しく喫茶体験施設も増設する。「玉露亭」は、日本茶の最高峰である玉露を使った料理や甘味を、日本情緒あふれる茅葺き屋根の建物の中で風光明媚な宇治川の眺めと共に楽しむ事が出来、「体験茶亭二十帖(たいけんちゃていにじゅうじょう)」は、宇治川の風情と茶園を眺めながら寛げるパーソナルなイベントスペースを新たに設ける。宇治橋を模した舞台はフォトスポットとしても注目。
カインズ  
小売業界初!9月14日クラシアンと業務提携
 水まわり緊急駆け付けサービスやリフォーム施工など幅広く連動

埼玉県本庄市に本部を置き関東を中心に、東日本や東海地方、近畿地方などでホームセンターカインズを全218店舗展開する㈱カインズは、2019年9月14日(土)、水まわり緊急駆け付けサービスの最大手である㈱クラシアン(本社:横浜市、従業員数1,072名、店舗数71支社)と業務提携し、24時間受付・365日対応の水まわり緊急駆け付けサービスの提供や、リフォーム部門の施工委託などを開始する。9月にリフォーム部門の施工委託、店舗メンテナンスの委託等を、10月に水まわり設備緊急駆け付けサービスの提供、管清掃サービスの提供を、来年4月にはオリジナル商品の共同開発を始動する予定を主な業務提供内容としている。
ライフコーポレーション 
食品スーパー国内初!Amazon「Prime Now」でサービス開始!
       ~9月12日から都内7区が対象、順次拡大予定~


㈱ライフコーポレーションは、アマゾンジャパンが運営するAmazonプライム会員向けサービス「Prime Now(プライムナウ)」で、実際の店舗で取り扱っている生鮮食品や惣菜の販売を9月12日(木)より開始した。配送エリアは、東京都の新宿区、板橋区、練馬区、北区、中野区、豊島区、杉並区の7区(一部エリアを除く)で、今後順次拡大していく模様。同社が自信をもってすすめる新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚をはじめ、手作りの惣菜や店内で焼き上げたパン、素材・製法にこだわりおいしさを追求した「ライフプレミアム」や、安全・安心な品質、実感できるおいしさを、求めやすい価格にこだわり開発した「スマイルライフ」などのPB商品各種等、合計数千点の商品をPrime Nowを通じて提供する。顧客から注文を受けた後、店内の専門スタッフが顧客に代わって品質等をチェックしながら商品を選び、Amazonの配送ネットワークで最短2時間で届ける事が出来る。配送時間は午後0時~午後10時で、当日または翌日で2時間単位の時間指定が可能。最低注文金額は2,000円以上、配送料金は6,000円未満の注文の場合は440円・6,000円以上10,000円未満の注文の場合は220 円・10,000 円以上の注文は無料(全て税込み価格)とし、利用条件はAmazon プライム会員への登録<年会費4,900円または月会費500円>、およびPrime Now専用アプリのインストールが必要となる。従来よりネットスーパー事業については、同社の事業戦略において重要な位置づけとしてサービスの拡充を図っており、Amazonの利用者からの期待にも応えるべく、新鮮でおいしい商品を提供していくとともに、魅力的な商品を開発していく構え。

ドン・キホーテ 
PBブランド【情熱価格プラス】の新商品。電動アシスト自転車 『D-Assist(ディーアシスト)』 9月1日より10月31日期間限定で発売記念価格「49,800円(税抜)」で販売

㈱ドン・キホーテは、9月1日(日)から同社PBブランド【情熱価格プラス】の新商品、電動アシスト自転車『D-Assist(ディーアシスト)54,800円(税抜)』を全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)において発売を開始した。利用ニーズが拡大している電動アシスト自転車を、10月31日(木)まで発売記念特別価格、期間限定49,800円(税抜)という驚きの価格設定。今回発売する26型の商品『D-Assist』は、快適な走行をサポートする機能と安心のトリプル保証を付加しており、10月の消費増税を控え電動アシスト自転車の新規購入や買い替えを検討している顧客に向けての提供。「BAA」適合車、大容量バッテリー8.4Ah フル充電で最大40Kmの走行可能。
*通常販売価格54,800円(税抜)は、店舗により価格が異なる場合あり。
*期間限定価格、通常販売価格ともに別途「自転車防犯登録」費用が必要。
ロングランプランニング 東京急行電鉄 南海電気鉄道 
NY ブロードウェイ発祥、日本初上陸のディスカウントチケットストアtkts
  8月29日 渋谷ヒカリエ、9月5日 南海ターミナルビル内にオープン‼


ロングランプランニング㈱は、NYブロードウェイ発祥のディスカウントチケットストア「TKTS(ティーケーティーエス)」の旗艦店を、2019年8月29日から東京急行電鉄㈱の「渋谷ヒカリエ」に、9月5日から南海電気鉄道㈱の南海ターミナルビル「総合インフォメーションセンターなんば」内に、それぞれオープンする。日本版「TKTS」は、エンタテインメント産業の振興を目指し芸術団体のサポートを行うロングランプランニングが、NYで「TKTS」を運営する「Theatre Development Fund」から公認されたもので、ミュージカルや演劇はもちろん、日本の伝統芸能の能や歌舞伎、小規模劇団の演劇から音楽ライブ、スポーツや展覧会まで幅広いエンタテインメントのチケットを当日・翌日分のみ割引価格(⼀部定価あり)で購入することができるディスカウントチケットストア。旗艦店は、4社9路線が乗り入れ、文化やエンタテインメントが集積する「渋谷」と、関空から電車一本でアクセスできる大阪「ミナミ」の中心「難波」において、「エンタテイメントシティSHIBUYA」を目指し渋谷駅周辺の再開発事業を推進する東急電鉄と、「グレーターなんば」の創造を目指し沿線の玄関口であるなんばのまちづくりを推進する南海電鉄の協力のもとオープンするもので、旗艦店には、専門のコンシェルジュが常駐しており、観劇初心者でも自分にあったエンタテインメントを見つけることができる。

 TKTS 渋⾕@渋⾕ヒカリエ  TKTS なんば@南海ターミナルビル内

エイチ・ツー・オー リテイリングなど3者
そごう神戸店は「神戸阪急」へ 西武高槻店は「高槻阪急」へ 10月1日付で屋号を変更

エイチ・ツー・オー リテイリング㈱、㈱エイチ・ツー・オーアセットマネジメント、㈱ 阪急阪神百貨店の3者は、そごう神戸店と、西武高槻店の屋号をそれぞれ変更すると発表。2019年10月1日付で、そごう神戸店は「神戸阪急」、西武高槻店は「高槻阪急」へと変更するもので、10月5日(土)より新たにスタートする。「神戸阪急」は「フェスティバル365」をテーマに、ヒト・モノ・コトを通じて新しい出会いを発見するトキメキ、躍動感あるワクワク、親しみやすい心地よさを、毎日提供する百貨店を目指すとしている。「高槻阪急」においても、地域顧客の暮らしにいつも寄り添い、 毎日がもっと豊かになるようなモノ・コトを発信し続ける地元密着型百貨店を目指すとしている。 
マルエツ
9月1日 マルエツカード誕生

㈱マルエツは、顧客の利便性の向上を推進するため、2019年9月1日より、初の提携クレジットカード「マルエツカード」の発行を開始、誕生記念キャンペーンを実施する。イオンフィナンシャルサービス㈱の子会社であるイオンクレジットサービス㈱及び㈱イオン銀行と提携し、イオンの電子マネー「WAON」も利用可能な1枚2役のカードとなる、主な概要は以下の通り。
【「マルエツカード」の概要】
・電子マネー「WAON」と一体型クレジットカード
・VISA、MasterCard、JCBより選択。
・入会金無料、年会費無料(カード盗難保障が無料)
・マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・魚悦(魚悦糀谷店を除く)全店で毎週日曜日に「マルエツカード」のクレジットの支払い利用で「5%OFF」
・マルエツ及びイオングループの対象店舗でのクレジットの支払い利用で「ときめきポイント」はいつでも基本の2倍(200円(税込)につき2ポイント付与) ※基本とは200円(税込)で1ポイント付与
・電子マネー「WAON」の利用で、「WAONポイント」付与(200円(税込)につき1ポイント付与) 

 「マルエツカード」デザインイメージ
ライフコーポレーション 
9月2日より「PayPay」がライフで利用可能に!
  最大10%が戻ってくる9月の「ワクワクペイペイ」に「ライフ」も参加!


㈱ライフコーポレーションと、ソフトバンクグループ㈱、ソフトバンク㈱、ならびにヤフー㈱の共同出資会社であるPayPay㈱は、ライフコーポレーションが運営するスーパーマーケット「ライフ」約270店舗(一部店舗を除く)において、9月2日からスマホ決済サービス「PayPay」が利用可能となる。PayPayでは、9月1日から30日までの間、全国の食品スーパーマーケットを対象とし、毎日午前10時~午後2時の間に「PayPay」で支払うと、最大10%のPayPayボーナスが戻ってくる「10時~14時がおトク!家計を応援!スーパーマーケット大還元祭」を開催する。今回導入する「ライフ」も本キャンペーン対象となる。同社は「PayPay」を導入することで、顧客の利便性向上を図るとともに、日々の暮らしをより豊かにしていけるよう取り組んでいくとしている。(「ライフ」でのスキャン方式は同社HP参照) 


近畿圏の店舗1月1日・2日休業 働き方改革関連法施行により関西7割の店舗で実施


㈱ライフコーポレーションは、今年4月に施行された「働き方改革関連法案」により、元日に続き2日を休業すると発表、20年ぶりに実施される。畿圏ライフ全店154店舗の7割にあたる105店舗が2日連続の休業を決めており、旗艦店やSCを併設する店舗などは営業する。首都圏においては、12店舗を対象とし、営業する店舗も閉店時間を時短等で調整を行う予定。従業員の満足度、売上面、元日に続き一律運休と言う形がとれる、将来に向けた働き手の確保、外食やスーパーに対する世間の風潮等を加味し決定した。
カスミ
65歳に定年延長!

㈱カスミは就業環境の整備として2019年9月1日より65歳定年制度を導入する。正社員・アクティブ社員の定年年齢を従来の60歳から65歳に延長し、処遇は60歳までの役割・職種、給与制度などを60歳以降も原則適用する。また、60歳以降のライフプランによって役割や転居を伴う異動の可否など、自ら60歳以降の働き方を選択する事ができるとしている。
フジ 
「鮮魚プロセスセンター」新設 7月8日稼働開始

㈱フジは、愛媛県松山市大可賀3丁目1461-3(㈱ムロオ第2センター内)に7月8日、「鮮魚プロセスセンター(延床面積1,400㎡) 」を新設する。同センターは市場近隣に位置しており、当日仕入れた魚介類を用い、鮮度の高い商品の当日配送が可能となる。またフードロス削減につながる「ガス置換包装機」など最新の加工機器を導入。鮮魚部門の主要カテゴリー(生魚、刺身、寿司、魚惣菜、塩干商品など)の加工で近年ニーズが高まっている半調理品などの簡便・即食対応商品の開発強化により付加価値の高い商品提供が可能となる。さらに建物・敷地内では「四国活魚センター」「四国生鮮センター」「四国フローズンセンター」の運営も行っていることから、鮮魚プロセスセンターの稼動と併せ効率的で質の高いコールドチェーンが実現する。投資額は約2億円。 

 
ローソン
徳島県内でセルフレジ運用実験 新型POSレジで人手不足対応とキャッシュレス化

㈱ローソンは、7月2日~29日の4週間、徳島県内のローソン店舗138店(一部店舗を除く)でセルフレジの運用実験を開始する。自動釣銭機や多言語(日本語を含む4ヶ国語)のナビゲーション機能を搭載した新型POSレジは、来店客がレジ操作をおこなう「セルフモード」に切り替えることもできる。同モードではキャッシュレスでの決済のみで、現在は約50店舗のローソンで運用実験をおこなっているが(導入は2019年2月末までに全店完了)、今回は初のエリア限定、複数店舗での実験となる。実験結果をもとに、運用方法や運用時間等を検証し2019年9月末までに全店舗でのセルフモード運用開始を目指す。・利用特典:実験運用期間中は通常ポイントに加え、100 円につき2ポイントを付与(Ponta会員、dポイント会員対象)・決済方法:キャッシュレス決済のみ(クレジットカード、交通系電子マネー、iD、楽天Edy、QUICPay、WAON、Apple pay、ポイント利用(全額利用)、国際ブランドプリペイドカード、バーコード決済) 

〈セルフモード運用のPOSレジ〉
オークワ 
「モバイル決済モデル推進事業」に参画 QRコード決済(スマホ決済)の運用を開始

㈱オークワは、総務省が推進する「統一QR『JPQR』普及事業」に参画し、QRコード決済の運用を開始する。同社は、キャッシュレスへの取り組みの一環として、2019年8月1日より、総務省が推進する、岩手県・長野県・和歌山県・福岡県で統一QRコード・バーコード(JPQR)を使用したコード決済導入に関する効果検証をスタートさせ、10月下旬よりQRコード決済の運用を開始する。決済手段の選択肢をさらに広げ、顧客の利便性向上とサービスの拡充に努める構え。
《主な概要》
▽導入時期=2019年10月下旬より
▽対象店舗=オークワ和歌山県下全48店舗、順次全店舗へ拡大
▽決済サービス=LINE Pay、PayPay、au PAY、ゆうちょPay、メルペイ、d払い、Origami Pay、J-Coin Pay8 種を予定
▽セルフレジへの対応=2020年2月下旬、セミセルフレジの精算機は2020年4月下旬対応予定
チヨダ  
オリジナルブランド「cloverleaf(クローバーリーフ)」から、彩りも鮮やかなバレエ/カッターシューズ 5月31日新発売

靴とシューズの専門店 ㈱チヨダは、全国のシュープラザ、東京靴流通センター、靴チヨダ、CHIYODA HAKI-GOKOCHI、クローバーリーフ、公式オンラインショップで、5月31日オリジナルブランド 「cloverleaf(クローバーリーフ)」の新商品の発売を開始。商品は 3タイプで“フラットで歩きやすい“ ”抗菌防臭加工のクッションインソール” “リボンで調整できる程よいフィット感” などの機能を「ふらっと ふんわり ちょうどいい」というキャッチコピーで表現。 
 
タイハン特報で掲載した企業レポート「e-taihan.net通信」を紹介します。
更新日 2019年9月19日