e-taihan
旧大店法と大規模小売店舗立地法の比較
大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律(大店法) 大規模小売店舗立地法
目的 @消費者利益の保護
A周辺の中小小売業の事業活動の機会の適正な確保
B小売業の正常な発達
@周辺の地域の生活環境の保持
A小売業の健全な発達
対象となる 大規模小売り店舗 第一種大規模小売り店舗−3000u(政令市は6000u)以上
第二種大規模小売り店舗−500u以上3000u(政令市は6000u)未満
1000u以上
法律の運用主体 第一種大規模小売り店舗−通商産業大臣
第二種大規模小売り店舗−都道府県知事
都道府県知事、政令指定都市
調整対象事項 @開店日
A店舗面積
B閉店時刻
C休業日数
@駐車需要の充足その他による周辺の地域の住民の利便及び商業その他の業務の利便の確保の為に配慮すべき事項(駐車場の必要台数・市・構造、駐輪場の確保、交通安全対策等)
A騒音の発生その他による周辺生活環境の悪化の防止の為に配慮すべき事項(騒音対策、廃棄物対策等)
richitetuduki richihou1
大規模小売店舗立地法(大店立地法)は2000年6月1日より施行、
大型店が来客、物流に よる交通・環境問題等の周辺の生活環境への影響について適切な対応を図ることが必要 との観点から、地域住民の意見を反映しつつ、地方自治体が大型店と周辺の生活環境と の調和を図っていくための手続等を定めた法律である。